佐賀県警察学校体育館

官公庁舎、教育施設、運動施設

佐賀県警察学校体育館

用途 官公庁舎、教育施設、運動施設
年代 2005年
構造 鉄筋コンクリート造
階数 地上2階
延床面積 1,836m2
施工場所 佐賀県佐賀市日の出
竣工年月 2005年12月
概要 この施設は、武道のみならず各種の屋内スポーツやトレーニングも行える体育館として計画を行い、体育館は主に剣道場として使用するため、剣道専用の床組を採用し、バレーボール、バスケットボール、バトミントンにも利用できるように設備や天井高さの確保をしています。また、講堂としての機能を確保するため、音響調整板を採用しました。
 2階に設けた柔道・逮捕術道場は専用の鋼製床組(スプリング式)を採用し、適度な柔らかさを持つ床を構成し、より良い環境での授業を可能とします。
 外観は南側壁面を射撃場にそろえることにより、住宅との距離を確保すると共に、運動などの騒音が住宅側に行かないよう南に向いた窓を設けていません。また、東西面に大きな窓を設けて通風と自然換気が確保できるようにし、庇を設けることで、遮光効果が得られるとともに雨天時にも窓の開放ができ、快適な室内環境の確保をおこないました。